アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
のんべんだらり ぐうたら日記
ブログ紹介
zoom RSS

友罪を観る

2018/05/26 21:25
町工場で、同時期に働き始めた2人が
同期の桜として、友情を感じるのは、通常ですが

画像

ジャーナリスト崩れの一方が、無口な他方に興味をいだき
昔取った杵柄で、調べてみると・・・といった映画

被害者の家族は勿論のこと、犯人の家族が、家族崩壊になって
悲惨なことでした
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


携帯を取り換える

2018/05/25 20:24
2018,05,25
携帯をスマホへ取り換える
まだまだ勉強中
画像


携帯の時も、こんな面倒なものを持つのじゃなかった、と、後悔しましたが
それ以上に後悔しそうです
このパソコンには、ワードが入っていなかったようで
老人には、思い過ごしも多くて、もうお手上げです
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


モリーズ・ゲームを観る

2018/05/22 20:32
スキーのトップ選手が、競技中の怪我で引退して
ヒョンな切っ掛けから、高額のポーカールームの経営者になるが

画像

違法ポーカーの容疑でFBIに逮捕され
裁判になるが・・・といった映画

ポーカールームのシステムがよく解らず
賭博としてのポーカーもよく解らず
筋道がよく理解できませんでしたが
女の父親が精神科の医者で
自分の娘を精神分析するのが、いかにもアメリカでした

以前、アメリカの西海岸で盛んな、最新の精神分析/精神療法を学んできた
という人の、講座を聞いたことがありましたので・・・
その時、ワークショップ、という耳新しい言葉を覚えましたが
あの先生は今頃、どうされていますかなあ

女を幼時から、よく知っている父親/精神科医が、娘の診断をする、というのが
この映画の要点であって、・・・つまり、よくある家族映画の変形で
ポーカーもマフィアもFBIも裁判も、厳密な処はどうでもよくて
おおよその処を感覚的に見ていれば良い、のかも知れません
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


女は2度決断するを観る

2018/05/22 20:29
ドイツ・ハンブルグで、トルコ移民の男と家庭をつくり
息子も生まれ、幸せに暮らしていた一家が
爆弾テロに遭って、夫と息子を亡くす

画像

夫の出生から、イスラムのテロを疑われるが
女の主張どおり、ネオナチによるテロと判り、容疑者も逮捕される
しかし、夫の過去の麻薬事件を取り上げられ
裁判では、・・・観客には当然有罪ですが、証拠不十分で無罪になる
女は報復を誓うが・・・・といった映画

映画だからでしょうが、裁判の場面は理不尽に思えて、イライラします
判決後、女がサムライ/武士の刺青を肌に完成させるのが
意味深でした
その他、人間性を取りもどした象徴なのか、体が回復するのも
意味深でした
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬を観る

2018/05/21 21:15
写真家のSUKITA/鋤田正義の活動を
被写体であったアーティストたちの証言を通して
描いたドキュメンタリー映画

画像

デビットボウイなど、多くのアーティストたちの人物写真が
観られます
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サバ―ビコン/仮面を被った街を観る

2018/05/21 21:14
サバ―ビコンという、白人ばかりの住宅地に
黒人の家族が引っ越して来て、不穏な空気が広がる

画像

隣家の白人の住宅に、強盗が押し入り
エーテルで眠らされ、母親が死んでしまう
黒人の排斥騒動が起こる中
保険金目当ての殺人の疑いが起こり・・・・という映画

隠れ蓑を利用した、卑しい心情が表現されている
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


のみとり侍を観る

2018/05/20 19:38
越後の、謹厳実直な侍が、殿さまの歌を披露した会合で
バカ正直に、それは良寛の歌だ、と云った処

画像

殿の勘気に触れ、「猫のノミ取り」屋を命じられる
しかし、その実態は、裏稼業であって・・・、という映画

女性は性欲など、微塵もない振りをして
それを美徳とする欺瞞が、嫌になっている風潮があり
不倫はまだ認められず、各方面から攻撃され、不幸になりますが
男と同様に、女の性欲も明るく笑って、肯定している
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

のんべんだらり ぐうたら日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる